○小城市市章及び小城市市旗の制定並びに取扱規程

平成18年3月3日

告示第13号

目次

第1章 総則(第1条・第2条)

第2章 市章の制定及びその取扱い(第3条―第7条)

第3章 市旗の制定及びその取扱い(第8条―第10条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この告示は、小城市市章(以下「市章」という。)及び小城市市旗(以下「市旗」という。)の制定並びにその取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(市章及び市旗の取扱い)

第2条 市民は、市章及び市旗が小城市の象徴であることを認識し、その取扱いに当たっては、尊厳と品位を損なわないよう十分配慮しなければならない。

第2章 市章の制定及びその取扱い

(市章)

第3条 市章の形状及び色は、別図第1のとおりとする。

(市章の使用)

第4条 市章は、次に掲げる場合で、市長が必要と認めるときに使用することができる。

(1) 市職員のき章及び名刺その他市が作成する物件及び印刷物(以下「物件等」という。)に使用する場合

(2) 市が後援又は協賛をする事業において使用する場合

(3) 公共的団体が行う事業において、市を表示することが必要な物件等に使用する場合

(4) 前3号に掲げるもののほか、特に市を表示することが必要な物件等に使用する場合

2 市章は、前項第2号から第4号までに定める場合であっても、次の各号のいずれかに該当するときは、使用することができない。

(1) 営利、政治活動、宗教活動又は売名を目的としているとき。

(2) 市が作成し、若しくは推奨したもの又は市の機関若しくは市の事業と混同し、又は誤解を招くおそれがあるとき。

(許可の申請)

第5条 前条第1項第2号から第4号までの場合において、市章を使用しようとする者(以下「使用申請者」という。)は、市章使用承認申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書が提出されたときは、その使用目的等について審査し、その使用の可否を決定するものとする。

3 市長は、前項の規定により市章の使用の可否を決定したときは、市章使用許可(不許可)通知書(様式第2号)により使用申請者に通知するものとする。

(許可の消滅)

第6条 前条第3項の通知を受けた使用申請者の使用許可は、次の各号のいずれかに該当する日をもって消滅するものとする。

(1) 使用期間が切れたとき。

(2) 使用目的が消滅したとき。

(3) 使用者が死亡し、又は使用団体が解散したとき。

(許可の取消し)

第7条 市長は、使用申請者が次の各号のいずれかに該当するときは、許可を取り消すことができる。

(1) 偽りその他不正の手段により承認を受けたとき。

(2) 承認を受けた以後使用目的等以外に使用したとき。

第3章 市旗の制定及びその取扱い

(市旗)

第8条 市旗の形状、規格及び色は、別図第2のとおりとする。

(市旗の掲揚)

第9条 市旗は、庁舎、市の施設等において、次に掲げる日に掲揚するものとする。

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める日

2 市及び市の機関は、その主催する式典、表彰式、体育大会その他主要な行事を行う場合には、市旗を掲揚するものとする。ただし、特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(市旗の保管及び管理)

第10条 市旗の保管及び管理は、掲揚当該施設等の管理者が行うものとする。

附 則

この告示は、平成18年3月5日から施行する。

画像

画像

画像

画像

小城市市章及び小城市市旗の制定並びに取扱規程

平成18年3月3日 告示第13号

(平成18年3月5日施行)