文字サイズ変更

「小城市授産場の廃止(案)について」へのパブリックコメントの結果

更新日:2017年 11月 30日

意見の提出数

1件

 

意見の概要

  • 授産場の廃止に反対する。
  • 障害者差別解消法の観点から、民間施設を指導できる公的施設として存続して欲しい。

 

市の考え

  • 小城市授産場は、社会福祉法に基づく授産施設で、利用者の自立に向けての就労訓練をする施設です。
  • 小城市授産場は、社会福祉法人やNPO等で運営されている授産施設と同じで、他の施設を指導する権限を有するものではありません。
  • 指導の権限は、それぞれの施設設置の許認可を与えた機関にあります。
  • 現在、小城市授産場をご利用の障がい者の方々については、ご本人の希望により、他の施設をご利用いただけるよう支援をします。
  • 本市は、障がい者への差別解消など、人権問題の解決に向けて積極的に取り組んでおり、今後も引き続き取り組んでまいります。
  • このような観点から、小城市授産場の廃止(案)についての条例は、原案通りの提案とさせていただきます。

 

 

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内