文字サイズ変更

小城市教育委員会

更新日:2017年 06月 01日

教育長からのメッセージ

 kyouikutyou

 

平成29年度がスタートして、早2カ月が経ちました。前教育長の今村統嘉氏よりバトンを受け取り、6月1日に小城市教育長を拝命いたしました大野敬一郎と申します。

下記に揚げているように小城市教育委員会が目指している方向を常に念頭に入れて、さまざまな課題解決のために精一杯努力して参ります。どうぞよろしくお願いします。

小城市の市民憲章には、『小城市は、秀峰天山と有明の海、田園に恵まれ、伝統、文化、自然と調和のとれた美しいまちです。私たちは、小城市民であることに誇りと自覚と責任を持ち、平和を願い、未来へ向かって前進するまちを築くため、この憲章を定めます。』とされています。

城創伝心(じょうそうでんしん)

 “小城の歴史と伝統を受け継ぎ、文化を創造する

豊かな心を育み後世へ伝える人づくり”

小城市教育委員会は、学校や公民館等の教育機関や家庭、地域社会と連携を密にして、市民一人ひとりが、共に支えあい学びあう健全な社会の構成員として、郷土の歴史と伝統を受け継ぎ、豊かな人間性を培い、生涯に亘って自ら学ぶ意欲を養うなど「生き抜く力」を育み、国際的視野に立ち郷土や国家を担う責任を自覚し、文化の創造と社会の発展に貢献できるよう、心身ともにたくましい人間力を身につけた市民の育成に努めます。

そして、平成29年度は次の9つのことを重点目標として取り組んでいきます。

 

  1. 人権の尊重と心の教育《心かようあいさつ、いじめ0(ゼロ)宣言》
  2. 家庭学習の充実《家庭教育指針の励行》
  3. ICTの利活用による授業の質の向上《わかり易く楽しい授業の展開》
  4. 子どもの安全な居場所づくりの推進と経済的支援の充実
  5. 早寝・早起き・朝ごはん運動の推進《基本的生活習慣の定着》
  6. 学校・家庭・地域が一体となり道徳心を培う
  7. 文化に楽しみ、スポーツを楽しむ健康で豊かな生涯学習の充実
  8. 読書をとおした豊かな感性と広い教養の育成
  9. 携帯・スマホ利用等の家庭ルールの推進

  常に、地域に根付く教育委員会でありたいと願っています。

教育要覧

 

教育委員会

 

学校・教育

 

就学前教育

 

子育て支援

 

文化

 

生涯学習

 

施設

 

 

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内