文字サイズ

背景色

小城春雨まつり【令和2年4月4日】

更新日:2020年2月 6日

春雨まつり公園で踊る写真 春雨まつりステージ上の写真

日本の端唄の代表作「春雨」を作詞した柴田花守翁を偲んで行われます。

柴田花守翁は、小城鍋島藩士で藩命で長崎に遊学し、神典歌道、禅学を学びました。その際に長崎丸山の料亭「花月」で端唄を作詞。長崎検番の師匠が振付けした縁から、現在も長崎検番の芸妓衆の優美な舞が披露されています。

当日は、11時頃から小城公園内にある「春雨」歌碑前にて、長崎丸山の長崎検番による端唄「春雨」が披露されます(雨天の場合中止)。

 

日時

令和2年年4月4日(土曜日)
11時30分〜14時

 

会場

ゆめぷらっと小城 天山ホール(多目的ホール)

 

チケットの販売

全席指定 5,000円/人(限定240席):お弁当、お酒、お茶付き

【発売】令和2年3月4日(水曜日)8時30分開始

※無くなり次第販売終了となります。

 

チケット販売先

  • 一般社団法人 小城市観光協会(ゆめぷらっと小城 1階)
  • 小城商工会議所(ゆめぷらっと小城 3階)

 

お問い合わせ

小城春雨まつり実行委員会【事務局】(一社)小城市観光協会

電話:0952-72-7423

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

アンケートご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

閉じる