文字サイズ変更

平成29年度 償却資産(固定資産税)の申告

更新日:2016年 10月 26日

会社や個人で工場や商店などを経営している方や、駐車場やアパートなどを貸し付けている方、農業や漁業をされている方など、事業者がその事業のために用いる建物附属設備、構築物、機械、工具・器具・備品などの事業用資産を償却資産といいます。

地方税法第383条の規定により、毎年1月1日(賦課期日)現在所有されている償却資産について、資産が所在する市町村への申告が義務付けられています。

そのため、平成29年1月1日現在の償却資産の所有状況について、下記のとおり申告をお願いします。

 

平成28年度の申告から、マイナンバー(個人番号または法人番号)の記載が必要となりました。償却資産申告書への記入をお願いします。

 

提出書類

  • 平成29年度 償却資産申告書(提出用)1部 ←マイナンバー(個人番号または法人番号)を記載!
  • 平成29年度 種類別明細書(提出用)1部

 

提出期限

平成29年1月31日(火曜日)


※申告期限が近づきますと、受付の混雑が予想されます。早めの提出にご協力ください。
 

提出先

【窓口で提出される場合】

小城市役所 税務課 (三日月庁舎 西館1階)

小城市まちなか市民交流プラザ ゆめぷらっと内 市民課窓口

ショッピングプラザ セリオ内 市民課窓口

小城市芦刈地域交流センター あしぱる内 市民課窓口

 

【郵送で提出される場合】

提出先

 〒845−8511
 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
 小城市役所 税務課 資産税係 宛

※申告書の控えが必要な方は、申告書の写しと切手を貼った返信用封筒を必ずご同封ください。

 

【電子申告の場合】

平成21年度申告分から、償却資産申告が地方税電子申告eLTAX(エルタックス)でできるようになりました。申告には、まず利用届け出が必要となります。

詳しくは、下記リンクよりエルタックスホームページhttp://www.eltax.jp/をご確認ください。

 

←ここをクリック!!
eLTAX(エルタックス):地方税ポータルシステム(社団法人 地方税電子化協議会)

 

申告書の作成

申告書の作成は、下記の資料または関連ページを参考にしてください。

償却資産(固定資産税)申告の手引き(PDF:537KB)
 

【記載例】償却資産申告書(PDF:168KB)

【記載例】種類別明細書(PDF:139KB)

 

課税標準の特例

地方税法第349条の3および地方税法附則第15条各項の規定に該当する資産を新たに取得された場合は、課税標準の特例が適用され固定資産税が軽減されます。

該当する資産を所有されている方は、その旨を証する書類の写しを添付して申告してください。

課税標準の特例対象資産例(PDF:128KB)

固定資産税(償却資産)の課税標準の特例に係る申請書(PDF:56KB)
【記載例】固定資産税(償却資産)の課税標準の特例に係る申請書(PDF:160KB)

 

申告書作成の注意点

平成20 年度税制改正において「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の見直しが行われ、減価償却資産の耐用年数が大幅に改正されました。特に「機械および装置」については、従来の390区分から55区分へと大幅な見直しがされました。

耐用年数は、償却資産の評価額を計算する際に必要となりますので、正しい耐用年数で申告していただくようご注意ください。耐用年数例を、「償却資産にかかる固定資産税の課税の仕組み」ページに載せていますので、ご参照ください。

 

問い合わせ

小城市役所 税務課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6103 ファックス番号:0952-37-6161
メール:zeimu@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内