文字サイズ変更

中高層建築物等の建築・手続き

更新日:2014年 06月 05日

小城市では、「中高層建築物等の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」を平成26年4月1日から施行しました。対象建築物を建築する場合は、事前に標識の設置、近隣住民等への説明、市への報告が必要となります。

 

条例の概要

対象建築物

ア 高さが15メートルを超える建築物または地階を除く階数が4以上の建築物

イ 高さが15メートルを超える携帯電話の電波塔

計画の事前公開

中高層建築物等の建築計画のお知らせ(標識)(様式第1号)の設置

中高層建築物等を建築しようとする建築主等は、当計画内容を近隣住民に知らせるために、建築敷地内の見やすい所に標識を設置してください。

建築主等は、標識を設置したときは、直ちに標識設置報告書(様式第2号)を市に提出してください。
 

近隣住民に対する事前説明

中高層建築物等を建築しようとする建築主等は、標識を設置した後、建築確認の申請をする前に、近隣住民に建築計画の内容、日照及びテレビ電波障害等による影響や工事方法などについて説明してください。

建築主等は、説明会及び個別説明を行った後は、事前説明等報告書(様式第4号)など関係書類を提出してください。

説明対象住民 定義
近隣住民

次に掲げる範囲内にある建築物(その敷地の一部が当該範囲内にあるものを含む。)の所有者、管理者又は居住者及び土地の所有者又は管理者(その土地に建築物が存しない場合に限る。)をいう。

 

ア 上記対象建築物アに規定する建築物の敷地境界線からの水平距離が当該建築物の高さに相当する距離の範囲(真北方向にあっては、当該建築物の高さの1.5倍に相当する距離の範囲)

 イ 上記対象建築物イに規定する電波塔の敷地境界線からの水平距離が当該建築物の高さの1.5倍に相当する距離の範囲

周辺住民
(住民が説明を

求めた場合)

次に掲げる者(近隣住民を除く。)をいう。

 

ア 中高層建築物等の建築によりテレビジョン放送の電波の受信障害が著しく生じると予測される者

イ 中高層建築物等の建築により居住環境に影響を受ける者であって、市長が必要と認めるもの

 

建築確認申請書提出までの手続き

  1. 事前協議・相談
  2. 標識の設置【様式第1号】
  3. 標識設置報告書の提出【様式第2号】
  4. 近隣住民などへの説明
  5. 事前説明等報告書の提出【様式第4号】
  6. 市へ建築確認申請書の提出
  7. 県などへ建築確認申請書の提出

※事前説明報告書は、標識を設置して15日を経過した日以降で、建築確認申請書を提出しようとする日の30日前までに提出しなければなりません。

 

  

問い合わせ

小城市役所 まちづくり推進課(東館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6121 ファックス番号:0952-37-6165
メール:machidukuri@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内