文字サイズ変更

平成26年度から前期高齢者の方の自己負担額が変わります

更新日:2014年 03月 25日

前期高齢者(70歳から74歳の方)が医療機関を受診するときの窓口負担は原則2割となっていますが、特例措置でこれまで1割負担に据え置かれていました。この窓口負担割合が、平成26年度から段階的に2割負担へ見直しとなります。

 

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方

70歳の誕生日の翌月から医療費の窓口負担が2割になります。

対象者 平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方
(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)
2割となる時期 70歳の誕生月の翌月から
(※ただし、各月の1日が誕生日の方はその月から)
ご注意 所得区分が『現役並み所得者※』の方は、これまでどおり3割負担です

70歳から2割負担となる方は、医療機関にかかったときの窓口負担の上限額(自己負担限度額)が69歳までと比べて下がります。

 

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方

平成26年4月以降も医療費の窓口負担は1割のまま変わりません。

平成26年度以降も、引き続き特例措置の対象となります。

対象者 平成26年4月1日以前に70歳の誕生日を迎えた方
(誕生日が昭和19年4月1日以前の方)
ご注意  

所得区分が『現役並み所得者※』の方は、これまでどおり3割負担です

医療機関にかかったときの窓口負担の上限額(自己負担限度額)も変わりません。
 

※現役並み所得者とは、同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳から74歳までの国民健康保険加入者がいる方

 

 

問い合わせ

小城市役所 国保年金課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6101 ファックス番号:0952-37-6160
メール:kokuhonenkin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内