文字サイズ変更

不活化ポリオワクチン

更新日:2014年 05月 28日

予防接種法の改正に伴い、平成24年9月1日より、生ポリオワクチンからより安全性の高い不活化ポリオワクチンへ一斉に切り替わりました。

 

ポリオとは

ポリオ(急性灰白髄炎)は「小児まひ」とも呼ばれ、主に足の筋力低下や筋肉萎縮が後遺症として一生残る病気です。日本でも1960年代前半まで流行を繰り返していましたが、生ポリオワクチン接種の効果により、1980年を最後に新たな患者は出ていません。しかし、現在でもパキスタンやアフガニスタン等の南西アジアやナイジェリア等のアフリカ諸国で発生しておりますので、今後、日本にポリオウイルスが入ってくる可能性はあります。
 

対象者

生後3か月〜7歳6か月に至るまでの間にある方
※ポリオワクチン、3種混合ワクチンともに未接種の方は、4種混合ワクチンを接種します。
 

接種スケジュール

ポリオ予防接種スケジュール

 

接種場所

県内の医療機関(要予約)
※小城市内で接種できる医療機関は子どもの健康カレンダーで確認してください。
 

持参するもの

  • 母子手帳
  • 予診票

※小城市内の医療機関には予備の予診票があります。
 

費用

無料

 

 

問い合わせ

小城市役所 健康増進課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6106 ファックス番号:0952-37-6162
メール:kenkouzoushin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内