文字サイズ

背景色

明治維新150年・小城市立歴史資料館テーマ展ーもゆるおもひに 祗園太郎が生きた幕末ー

更新日:2020年3月 5日

幕末に小城郡西郷の大庄屋であった古賀利渉(こがとしゆき 1833年から1866年)は、「垂乳根は我行かたを不知火のもゆるおもひに身をこがすらむ」など和歌二首を残して佐賀藩を脱藩しました。脱藩後、利渉は「祗園太郎」と名乗り志士として活動します。

今回の展示では遺品および関係資料を通して、その活動や後世の顕彰について紹介します。

会期

平成30年12月22日(土曜日)から平成31年3月24日(日曜日)

 

開館時間

9時から17時

 

開催場所

佐賀県小城市小城町158番地4

小城市立歴史資料館企画展示室内(桜城館内)

(小城市立歴史資料館のページへ)

テーマ展祗園太郎

チラシをダウンロード【PDF:204KB】

 

入場料

無料

休館日

毎週月曜日、1月15日(火曜日)、2月12日(火曜日)、3月21日(木曜日)

※1月14日(月曜日)は開館します。

展示案内

文化課職員が案内します。

1月12日(土曜日)、1月19日(土曜日)、2月9日(土曜日)、3月9日(土曜日)

各回15分程度

(1)11時から

(2)13時から

問い合わせ

小城市役所 文化課/梧竹記念館/歴史資料館
〒845-0001 佐賀県小城市小城町158番地4(桜城館内)
電話番号:0952-73-8809/0952-71-1132(平日、土曜日、日曜日 8時30分から17時15分まで) ファックス番号:0952-71-1145
メール:bunka@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

アンケートご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

閉じる