文字サイズ変更

肝炎ウイルス検査を無料で受けることができます。

更新日:2017年 04月 19日

肝がんの原因のほとんどはウイルス性肝炎!

佐賀県の肝がん死亡率は、17年連続全国ワースト1位です。肝がんの原因の8割以上はウイルス性肝炎であり、肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、ウイルス検査をしなければわかりません。「健康だから大丈夫!」と自己診断せずに、早期に肝炎を発見して、肝がんを予防しましょう。

肝炎ウィルス検査を受けるには・・・

B型・C型肝炎ウィルスに感染しているかどうかを採血で検査します。20歳以上の人で一度も検査を受けていない人は、市の総合健診において無料で受けることができます。

総合健診の日程

総合健診の日程は健(検)診の種類のページからご確認ください。

受付時間

午前8時30分~10時30分

※市の総合健診以外に、保健福祉事務所、または県内登録医療機関(市内では13医療機関(157KB))でも無料で検査を受けることができます。

もし検査が陽性だったら・・・

早期発見し治療することで肝がんへの進行を防ぐことが重要です。B型肝炎の治療では1日1回の服薬で肝がんを予防できるようになりました。また、C型肝炎は新薬の登場により、飲み薬のみで肝炎ウイルスを消せるようになりました。

肝がんを防ぐために、県では助成事業が行われています。いずれの助成事業についても、県に登録された医療機関に受診することが必要です。詳しくは県のホームページへ

問い合わせ

小城市役所 健康増進課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6106 ファックス番号:0952-37-6162
メール:kenkouzoushin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内