文字サイズ

背景色

企画展 「小城武道物語」

更新日:2020年2月 4日

元茂が伝えて、幕末まで受け継がれた“柳生新陰流”

戦国時代、上州出身の兵法者、上泉秀綱から新陰流の免許を受けた大和の柳生宗厳(石舟斎)は創意工夫を

加え、柳生新陰流を編み出します。宗厳の後継者-柳生宗矩が徳川将軍家御指南役に任じられ、柳生新陰流は隆盛を迎えます。

小城鍋島家初代藩主鍋島元茂は、柳生宗矩の高弟として稽古にはげみ、三代将軍となる徳川家光の稽古相手をつとめるほどの剣の使い手でした。

以降、小城鍋島藩の藩主は新陰流を学び小城の地に新陰流の教えが受け継がれました。

本展示会では、新陰流を受け継いだ西小路鍋島家に伝来した古文書群を中心に紹介し、幕末にいたるまで、肥前小城の地に脈々と受け継がれた柳生新陰流の歴史の一端をひもときます。

 

小城武道物語チラシ表面

小城武道物語チラシ裏面

 

 

会期

  • 平成29年12月23日(土曜日・祝日) ~ 平成30年2月4日(日曜日)
  • 9時~17時
  • 休館日:毎週月曜日、12月29日~1月4日、1月9日

場所

小城市立歴史資料館 企画展示室 (桜城館2階)

展示案内

平成30年1月7日(日曜日)・13日(土曜日)・20日(土曜日)・2月3日(土曜日)の11時からと13時から文化課職員が解説します。(15分程度)

関連行事

  • 平成30年1月28日(日曜日)
  • ゆめぷらっと小城

 

講演会

  • 10時15分~12時
  • 『サムライ精神と新陰流』
  • 講師 : 埼玉大学名誉教授 大保木輝雄 氏

柳生新陰流演武

  • 13時~16時30分
  • 春風館道場関東支部長 赤羽根龍夫 氏
  • 春風館道場関東支部師範 赤羽根大介 氏

※いずれも入場無料です。

 

チラシデータ

小城武道物語チラシ【PDFファイル:1.6MB】

 

 

 

問い合わせ

小城市役所 文化課/梧竹記念館/歴史資料館
〒845-0001 佐賀県小城市小城町158番地4(桜城館内)
電話番号:0952-73-8809/0952-71-1132(平日、土曜日、日曜日 8時30分から17時15分まで) ファックス番号:0952-71-1145
メール:bunka@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

アンケートご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

閉じる