文字サイズ

背景色

令和元年度佐賀豪雨災害復興支援事業(追加募集)

更新日:2020年2月14日

寄附金交付先団体の募集

事業概要

佐賀県では、令和元年佐賀豪雨災害で被害を受けた地域の復興を図るため、県内のCSO(※)に対して寄附金を交付されます。

※「CSO」とは・・・自治会、婦人会、老人会、PTAといった地縁団体をはじめ、NPO法人、市民活動・ボランティア団体を指す。

 

交付先団体

令和元年佐賀豪雨にて災害を被り復興に取り組むCSO(地縁団体など)

 

上限額など

1団体(申請)あたり原則2,000千円

 

※団体負担定めなし。

※2,000千円を上限と考えるが、事業の必要性に応じて上限を超えることも可。

※交付決定額は、寄附金交付申請額を下回ることがある。

※寄附金の額に1,000円未満の端数があるときは、当該端数金額を切り捨てた額とする。

 

交付対象

(1)佐賀豪雨にて被災した公民館の修理等復旧にかかわるもの

  1. CSO(地縁団体など)が所有する公民館の修理(畳替えなど)
  2. CSOが所有する備品類購入(祭りの道具など)
  3. CSOが所有する消耗品購入(図書など)
  4. CSOが行うソフト事業(災害に伴う子どもたちのメンタルケア、読み聞かせなど)

 

(2)今後の豪雨に備えて防災のために必要なもの

  1. CSOが所有する防災のための公民館の嵩上げ
  2. CSOが所有する防災用備品など購入(ヘルメット、土嚢袋など)

 

(3)佐賀豪雨にて被災した公民館の修理等復興にかかわるもので既に実施した経費

  1. CSOが所有する公民館の修理(畳替えなど)
  2. CSOが所有する備品類購入(祭りの道具など)
  3. CSOが所有する消耗品購入(図書など)
  4. CSOが行うソフト事業(災害に伴う子どもたちのメンタルケア、読み聞かせなど)

 

なお、交付採択の優先順位は、(1)>(3)>(2)とする。

 

※佐賀豪雨にて被災したか判断する基準(証拠書類)としては、原則、写真などの提出。何らかの理由で証明が難しい(既に棄却済みなど)場合は、代表者から証明書を提出。

 

交付要綱など

 

申請書類

 

申請日・申請先

団体名 行政区(自治会) 行政区(自治会)以外の団体
申請書提出期限 令和2年2月26日(水曜日)[期限厳守]

申請先・連絡先

生涯学習課(東館2階)

0952-37-6132

企画政策課(西館2階)

0952-37-6115

 

問い合わせ

小城市役所 企画政策課 (西館2階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6115 ファックス番号:0952-37-6163
メール:kikaku@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

アンケートご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

閉じる