文字サイズ

背景色

第十一回特別弔慰金の支給について

更新日:2020年3月17日

戦没者の遺族のみなさんへ 第十一回特別弔慰金が支給されます

戦没者の死亡当時のご遺族で、令和2年4月1日(基準日)において、公務扶助料や遺族年金等を受ける方がいない場合に、第十一回特別弔慰金として額面25万円、5年償還の記名国債が支給されます。

対象者順位

対象となるご遺族は次の先順位のご遺族のお一人です。

  1. 弔慰金受給権者(配偶者)
  2. 戦没者の子
  3. 戦没者の父母
  4. 戦没者の孫
  5. 戦没者の祖父母
  6. 戦没者の兄弟姉妹
  7. 上記1から6以外の戦没者の三親等内の親族(甥、姪等)

※戦没者の死亡当時、戦没者と1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

請求期間

第十一回特別弔慰金の償還金は令和3年から令和7年までの5年間、毎年4月15日以降に5万円ずつ償還することができます。

請求期間は、令和2年4月1日~令和5年3月31日までの3年間です。

※請求期間内に請求を行わないと、特別弔慰金を受ける権利が消滅します。

基準日

令和2年4月1日

(戦没者の遺族が、特別弔慰金を受けるために必要な要件を満たしているか令和2年4月1日時点で判断します。)

支給要件

特別弔慰金の支給要件は次のとおりです。

(1)基準日(令和2年4月1日)に、その戦没者の死亡に関し、公務扶助料等の年金給付の受給権を有する者が家族にいないこと。

(2)基準日(令和2年4月1日)までに、戦没者と1年以上の生計関係があること。

※初めて特別弔慰金を請求される方は、戦没者と1年以上の生計関係があることを証する戸籍(改正原謄本)が必要になります。

 

問い合わせ

小城市役所 社会福祉課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6107 ファックス番号:0952-37-6162
メール:fukushi@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる