文字サイズ

背景色

新型コロナウイルスに負けない”からだづくり”を「おぎ、あーも体操で体を動かそう」

更新日:2020年5月13日

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自宅で過ごすことが多くなり、体を動かす機会が減ってきているのではないでしょうか。

自宅で過ごす時間が長くなると運動不足になり高齢の方ではフレイル(要介護の一歩手前)に陥りやすくなります。

自宅にいても適度に体を動かすことは、自律神経を整え免疫力を上昇したり、気分転換にもつながるため、自分に合った運動を取り入れていきましょう。

  • ウォーキングや散歩などの有酸素運動
  • ラジオ体操やストレッチ、無理のない程度の筋力トレーニング

※公園などの屋外においても、人が密集しているところがあります。屋外でも大人数にになれば新型コロナウイルスのリスクが高まります。

なるべく3密(密閉・密集・密接)を避けましょう。

小城市オリジナル”おぎ、あーも体操”で体を動かそう!

小城市では、市民の皆様が楽しく体を動かしていただけるツールとして、オリジナルの”おぎ、あーも体操”を作成しています。

1回の体操(約3分)で25キロカロリーの消費ができます。全身を伸ばしたり、足踏みしてリズムをとったり、コミカルに腰を振る動きなどがあるため、子どもから高齢者まで楽しく体を動かすことができます。

ぜひ、”おぎ、あーも体操”をして楽しく体を動かしましょう。

おぎ、あーも体操はこちらから(内部リンク)

あーも体操はこちらから

また、”おぎ、あーも体操”のCD、DVD、カセットテープを健康増進課(西館1階)にて無料で配布しています。ぜひご活用ください。

問い合わせ

小城市役所 健康増進課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6106 ファックス番号:0952-37-6162
メール:kenkouzoushin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる