文字サイズ

背景色

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ「徴収猶予の特例制度」

更新日:2020年5月12日

新型コロナウイルス感染症に関連し、納付を猶予する特例が設けられました

対象者

収入が大幅に減少(前年同期比おおむね20%以上の減少)した者で、一時に納税を行うことが困難である方。

内容

令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する市税について、無担保かつ延滞金なしで1年間、徴収猶予を適用します。また、財産の差押や換価が猶予されます。

※この制度を受けるためには、申請書等、書類の提出が必要です。
なお、制度を利用しても、市税は「免除」されません。

「徴収猶予の特例制度」について、詳しくは税務課へお尋ねください。

各種支援情報は、こちらのページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

小城市役所 税務課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話:0952-37-6104 ファックス:0952-37-6161

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる