文字サイズ

背景色

マスクで防ごう!新型コロナウイルス 「布マスクの作り方、洗い方」

更新日:2020年5月19日

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染するため、感染予防の観点からもマスクの利用は有効とされています。

使い捨て(不織布)マスクが手に入りにくい状況が続いていますが、自宅にあるもので感染予防に役立つマスクが作れますのでご紹介します。

【布マスクの効果について】厚生労働省ホームページより

  • マスクは症状がある人が、咳やくしゃみなどの飛沫によって他人に感染させないために有効です。また手指を口や鼻に触れるのを防ぐことから感染拡大を防止する効果があります。

咳エチケットで感染拡大防止につながります。

咳エチケットと布マスク(自作)で気を付けること

  • マスクの着用により、喉や鼻などの呼吸器を湿潤させることで風邪などにり患しにくくなる効果があります。
  • 洗濯することで繰り返し利用することができます。

作ってみよう!手づくり布マスクの作り方

牛津高等学校服飾デザイン科主任教諭の井上千秋さん監修

※今回の新型コロナウイルス感染拡大防止に役立ててほしいと、牛津高等学校のみなさんから小城市へ手づくり布マスク(幼児から大人用333枚)を寄贈していただきました。それをもとにした作り方です。

布マスクの写真

マスクの作り方

布マスクの作り方はこちら

材料

  • 表地用の布(型紙2つ分の大きさ)※伸縮しにくい織物生地が作りやすい
  • 裏地用のガーゼなど※使い古しのハンカチでも代用できます。
  • ゴムなど(2本)※細く切ったタイツなどでも代用できます。

型紙

  • 型紙(大人用)はこちら   S、Mサイズがあります。
  • 型紙(子ども用)はこちら  S、M、Lサイズがあります。

布マスクのお手入れ方法

布マスクの洗濯方法はこちら

※マスクの表面は「汚れている」と考え極力触らないようにしましょう。また、もし触ってしまった場合は手を洗いましょう。

縫わずに作れるマスクの作り方

裁縫が苦手、すぐにマスクが必要という方には国が作成した簡単な方法(動画)もありますので、ぜひご利用ください。

【経済産業省】やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること(経済産業省のホームページにリンクします)

リンク先では次の解説もされています。あわせてご覧ください。

  • 正しい手洗い
  • 毎日の健康管理(食事と睡眠)
  • 適度な部屋の換気

問い合わせ

小城市役所 健康増進課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6106 ファックス番号:0952-37-6162
メール:kenkouzoushin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる