文字サイズ

背景色

軽自動車税(環境性能割)の臨時的軽減の延長について

更新日:2020年5月22日

現在、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に取得した軽自動車の環境性能割
は、消費税率の引き上げに伴う対応として税率が1%軽減されています。

今回は、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、この適用期間を6か月延長し、令和
3年3月31日までに取得したものを対象とします。

環境性能割とは

自動車の燃費性能などに応じて、新車・中古車を問わず取得された車両(取得価格が50万円を超えるもの)に対して課税され、当分の間は県が賦課徴収事務を行います。

軽自動車税(環境性能割)の税率表

区分 税率(自家用) 税率(営業用)

令和元年10月1日から
令和3年3月31日まで(※)

令和3年4月1日以降
電気自動車、
天然ガス自動車等
非課税 非課税 非課税

★★★★かつ

令和2年度燃費基準
+20%達成車

非課税 非課税 非課税
★★★★かつ
令和2年度燃費基準
+10%達成車

非課税

非課税 非課税

★★★★かつ

令和2年度燃費基準
達成車

非課税 1.0%  0.5%

★★★★かつ

平成27年度燃費基準
+10%達成車

1.0% 2.0% 1.0%

上記以外の軽自動車

(三輪以上)

1.0% 2.0% 2.0%

※令和元年10月1日から令和3年3月31日までの間に自家用の乗用車を購入する場合は、
環境性能割の税率1%分が軽減されます。

  • ★★★★とは、平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス75%以上低減達成車を指します。

このページに関するお問い合わせ

佐賀県税事務所 自動車税課
〒849-0928 佐賀市若楠2-7-5
電話番号 0952-30-1511 ファックス 0952-33-6349
メールアドレス sagakenzei@pref.saga.lg.jp

 

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる