文字サイズ

背景色

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う後期高齢者医療保険料の減免について

更新日:2021年4月15日

新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主が死亡した場合や、世帯主の収入が一定程度減少した場合に、後期高齢者医療保険料を減免します。

保険料の減免の対象となる方

新型コロナウイルス感染症により、世帯主が死亡又は重篤な傷病を負った世帯の方

⇒保険料を全額免除

新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主の収入減少が見込まれる世帯で、次の(1)~(3)までの全てに該当する世帯の方

(1)世帯主の事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
(2)世帯主の前年の所得の合計額が1000万円以下であること
(3)世帯主の収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること
⇒所得に応じて保険料を減免

減免対象の保険料

1. 令和3年度分の保険料であって、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に普通徴収の納期限 (特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているもの

2. 令和2年度相当分の保険料額であって、令和2年度末に資格を取得したこと等により令和3年4月以後に普通徴収の納期限が到来するもの

詳しくは、以下のリンクより、佐賀県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

https://www.saga-kouiki.jp/main/1247.html

問い合わせ

小城市役所 国保年金課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6101 ファックス番号:0952-37-6160
メール:kokuhonenkin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる