文字サイズ

背景色

小城市におけるワクチン接種について

更新日:2021年2月16日

小城市では4月以降の接種開始にむけて準備を進めています。具体的な接種の時期や方法等につきましては、決まり次第お知らせします。(令和3年2月15日現在)

接種の実施については、優先接種対象者から接種を始め、順次、全市民へワクチン接種を進めていきます。

優先接種対象者
  1. 医療従事者等
  2. 65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前生まれの方)
  3. 基礎疾患を有する者(昭和32年4月2日以降に生まれた方のうち、厚労省が示す病気等で通院または入院中の方)
  4. 高齢者施設等の従事者
  5. 上記以外の者

接種時期

医療従事者等は3月から、高齢者の接種は4月以降になることが見込まれています。なお、接種回数は2回となります。
接種券の発送

○65歳以上の方:令和3年3月下旬ごろ(予定)

○それ以外の方:令和3年4月中(予定)

接種場所 調整中
費用 無料

※現時点での情報です。今後の状況に応じて上記内容に変更が生じる場合があります。

ワクチン接種の問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

2021年2月15日9時より、新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口が設置されています。

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:9時から21時まで

聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ をご覧ください。

 

新型コロナワクチンの接種に便乗した詐欺や悪徳商法にご注意ください!

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が寄せられています。

市町等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。

詐欺の電話の例:厚生労働省や自治体職員、保健所職員などを名乗り、高齢者方に電話をかけ、「コロナのワクチンを2月から受けることができる。」「高齢者の方は先に受けることができる。」「接種のために10万円がかかるので振り込んで欲しい。」「接種に予約金・保証金が必要。」「医療従事者が優先だが予約金を払えば今接種できる。」などとかたり、金銭を要求する不審電話が全国各地で相次いでいます。

このような不審電話は特殊詐欺の手口です。

国民生活センター「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」

電話番号:0120-797-188(なくな‐いやや)

受付時間:10時から16時まで(土曜日、日曜日、祝日を含む)

独立行政法人国民生活センター(「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」をご利用ください)

国や県の情報

 

問い合わせ

小城市役所 健康増進課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6106 ファックス番号:0952-37-6162
メール:kenkouzoushin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる