文字サイズ

背景色

空き家実態調査を実施します

更新日:2021年9月 7日

実態調査の目的

適切な管理が行われていない空き家が、防災、衛生、景観等の観点から、地域住民の生活環境に影響を及ぼしており、全国的な社会問題となっています。

そこで、市では、市内の適切な管理が行われていない空き家に関する施策を総合的かつ計画的に推進することと空き家の利活用を検討することを目的に、空き家等対策に関する特別措置法に基づき平成28年に空き家実態調査を実施しております。今年度あらためて実態調査を実施するとともに、来年度以降には調査結果を踏まえた空家等対策計画を見直しを行う予定です。

市内の空き家の実態を把握した上で空家等対策計画を作成するため、市内全域を対象とした本調査を実施します。

調査区域

市内全域

調査対象

戸建て住宅(1年以上使用されていない建築物又は付属する工作物及びその敷地)

※長屋及び兼用住宅については、1室でも入居又は使用が確認された場合は、対象外とします。

調査実施時期

令和3年10月~令和3年12月

委託業者による現地調査

委託業者が空き家の外観調査や写真撮影を実施します。
また、近隣住民の方への聞き込み調査を実施する場合もありますので、ご理解・ご協力よろしくお願いします。

※調査員がみだりに空き家の敷地内に入ることはありませんが、居住や使用の有無を確認するため、玄関先や呼び鈴のある位置まで立ち入ることがあります。

※調査員は、分かりやすいように腕章を付けており、市が発行する調査員証を携帯しています。また、金銭の要求や物品の販売を行うことは一切ありません。

委託業者

株式会社 パスコ

問い合わせ

小城市役所 定住推進課(東館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6150 ファックス番号:0952-37-6165
メール:teijusuishin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる