文字サイズ変更

『犬山家文書第2巻』

更新日:2014年 04月 11日

小城市教育委員会文化課では、小城に関する重要な史料を活字化し、刊行する事業を行っています。今回は、三日月町の犬山家に残る『犬山家文書』の第2巻を刊行しました。古文書の翻刻だけでなく、内容や時代背景について説明した解説〔解題(かいだい)〕も付いています。多くの方々に読んでいただき、小城の歴史・文化を知る手がかりとなるよう願っています。

犬山家文書第2巻

概要

犬山家文書は佐賀県小城市三日月町の犬山家に伝わる古文書です。
江戸時代、小城郡には北郷、西郷、平吉郷、山内郷があり、佐保川嶋郷(川上一帯)、山代郷(伊万里山代一帯)と合せて小城藩領となっていました。
犬山家文書は、北郷の大庄屋をつとめた犬山家の記録で、一部研究論文にも引用され早くから重要性が指摘されていました。
小城市教育委員会文化課では平成20年度から刊行事業に取り組み、執筆委員4名(現在3名)に解読を依頼し、随時検討会を行い、平成24年3月に第1巻を刊行しました。今回第2巻として、犬山家文書の中から担当地域である小城郡北郷内の徴税に関する資料26点を解読〔翻刻(ほんこく)〕掲載しております。刊行は全3巻を計画しており、25年度中に第3巻を刊行する予定です。
 

購入について

小城市立中林梧竹記念館カウンター(小城市教育委員会文化課内・桜城館2階)で販売しています。
郵送をご希望の方は、電話・ファックス・メールでお問い合わせください。

B5版255ページ(他に図版2頁、解題4頁、巻末資料8頁)
定価1,500円(税込・送料別)

 
 

問い合わせ

小城市役所 文化課/梧竹記念館/歴史資料館
〒845-0001 佐賀県小城市小城町158番地4(桜城館内)
電話番号:0952-73-8809/0952-71-1132(平日、土、日 8時30分〜17時15分) ファックス番号:0952-71-1145
メール:bunka@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内