文字サイズ変更

後期高齢者医療制度

更新日:2016年 01月 12日

後期高齢者医療制度は、すべての75歳(一定の障がいがある方は65歳)以上の方を対象とした医療制度です。
広域連合(都道府県)が運営主体となり、市区町村が申請や届け出などの窓口となります。

運営主体

佐賀県内の全ての市町村が加入する佐賀県後期高齢者医療広域連合が運営主体となります。

 

後期高齢者医療制度の概要

対象者(被保険者)

一部負担

 

75歳以上(一定の障がいがある方は65歳以上)の方全員が被保険者になり、一人に1枚新しい「後期高齢者医療被保険者証」が交付されます。

 

 

医療機関での一部負担は、一般の方は1割、現役並み所得者の方は3割です。 

 

 

 

保険料

給付

 

保険料は被保険者全員が納めます。原則、年金から天引きされます。

 

 

 

下記のような事例の場合、給付が受けられます。

 

  

市役所の主な業務

  • 保険料の徴収
  • 申請や届け出の受付
  • 保険証の引き渡し など

 

 

問い合わせ

小城市役所 国保年金課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6101 ファックス番号:0952-37-6160
メール:kokuhonenkin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内