文字サイズ変更

「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」のお知らせ

更新日:2017年 05月 31日

喫煙は、がんをはじめ、循環器疾患(脳卒中、虚血性心疾患)やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、糖尿病、周産期の異常(低出生体重児、早産、死産)の原因になります。健康に与える影響が大きいうえ、受動喫煙の危険性やニコチンの依存症をふまえると、喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題であり、生活習慣病を予防する上でも重要な課題となっています。

 

平成29年度の禁煙週間のテーマ

「2020 年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子どもたちをまもろう~」

世界保健機関(WHO)は、毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定め、世界各国でさまざまなキャンペーンを行っています。日本においても、厚生労働省が毎年5月31日~6月6日を「禁煙週間」とし、記念イベントなど、禁煙や受動喫煙防止についての普及啓発を行っています。

~世界禁煙デーについて(厚生労働省ホームページへ)~

 

小城市での取り組み

健康増進課の取り組みでは出産前後のお母さんにチラシを配布し、たばこの害についての知識の普及に努めています。 また、受動喫煙を防止するために使用する名刺サイズの黄色のカード「イエローカード」があります。たばこの煙で困った時、施設を利用した際にテーブルなど目に付きやすいところに置いたり、施設の方に渡してみましょう。イエローカードを使って、受動喫煙防止に努めていただくよう伝えることができます。メモ欄には気づきや、ご意見などを自由に記載できます。市内の保健福祉センターと市役所に設置していますので、カードは自由にお取りください。

イエローカードの画像

カードに書いてあること

「タバコの煙、困りました 受動喫煙防止対策お願いできますか」
法律に従って受動喫煙対策をお願いします(裏面をご覧ください)

厚生労働省分煙効果判定基準(2002年6月12日公表)
方法1:全面禁煙
方法2:排気装置による完全分煙
(空気清浄器・分煙機はタバコ煙の有害物質が素通りするため無効です)

カードの使い方

イエローカードの使い方について【 ワード:268 キロバイト 】

 

佐賀県では、非喫煙者の受動喫煙(他人のたばこの煙を吸わされること)を防ぐため、「禁煙・完全分煙施設の認証制度」を設けています。多くの人が利用する店舗や、レジャー施設・公共施設の管理者のみなさん、禁煙・分煙の認証制度に御理解、御協力をお願いします。

~禁煙・完全分煙設置の認証(佐賀県ホームページへ)~

 

禁煙を考えている方へ

たばこが止められないのは意思が弱いからではなく、ニコチンの強い依存性が原因です。止めたくても止められない場合は、お医者さんへ相談することができます。

禁煙治療が保険適応で受けられるようになりました。一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができます。

~禁煙治療について~

~小城市の禁煙外来一覧(H28年11月現在)~

 

問い合わせ

小城市役所 健康増進課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6106 ファックス番号:0952-37-6162
メール:kenkouzoushin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内