文字サイズ

背景色

「市県民税申告」および「所得税の確定申告」について

更新日:2020年2月14日

ここでは、「市県民税申告」および「所得税の確定申告」に関する情報をお知らせします。

申告期間中は、市役所以外の会場(小城・牛津・芦刈)でも期間を設定し受け付けます。

※青色申告の人、土地・建物・株を売った人、住宅借入金など特別控除の初回申告の人、雑損控除の申告の人、贈与税および消費税の申告をされる人⇒申告・相談については、佐賀税務署へ

なお、令和2年1月20日(月曜日)の区長文書配達時に『令和2年度市県民税申告及び所得税の確定申告が始まります。』という冊子を全世帯に配布しますので、受付場所や対象地域を必ず事前に確認し、ご来場ください。

内容 期間 場所 受付時間
還付申告

令和2年2月12日(水曜日)
~令和2年2月14日(金曜日)

小城市役所 西館
(2階 大会議室)

9時~16時

市県民税
申告・確定申告

下記期間のとおり 9時~16時

 

期間 受付場所 対象地域

令和2年2月17日(月曜日)
~令和2年2月21日(金曜日)

小城市役所西館(2階大会議室) 牛津町・芦刈町全域

令和2年2月18日(火曜日)
~令和2年2月21日(金曜日)

まちなか市民交流プラザ
「ゆめぷらっと小城」

(2階天山ホール(多目的ホール))

小城町全域

令和2年2月25日(火曜日)
~令和2年2月28日(金曜日)

小城市役所西館(2階大会議室) 三日月町全域

牛津公民館(1階ホール)

牛津町全域

令和2年3月2日(月曜日)
~令和2年3月6日(金曜日)

小城市役所西館(2階大会議室) 小城町・
三日月町全域
芦刈保健福祉センター「ひまわり」 芦刈町全域

令和2年3月9日(月曜日)
~令和2年3月13日(金曜日)

小城市役所西館(2階大会議室) 小城市内全域
令和2年3月16日(月曜日) 小城市役所西館(2階大会議室) 小城市内全域

【休日受付】※二日間のみ

  • 令和2年2月24日(月曜日)
  • 令和2年3月1日(日曜日)
小城市役所西館(2階大会議室) 小城市内全域

※電子申告および本人での申告書作成可能な会場を設けます。
待ち時間を短縮したい人や将来的に自分で申告書を作成したいと思われていた人は、ぜひご利用ください。

期間 受付場所 対象地域

令和2年2月12日(水曜日)
~令和2年3月16日(月曜日)

小城市役所西館
(2階大会議室 隣)

小城市内全域

 

申告書や申請書などには、マイナンバーの記載が必要です!

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、申告手続きなどには、

  1. マイナンバーの記載
  2. 本人確認書類の提示または写しの添付

上記の二つが必要です。

申告、申請時に必要な書類を画像に表したもの。内容は本文に記載しています。
 

本人確認書類について

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方はマイナンバーカードだけで、本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。

※ご自宅からe-Taxで送信すれば、本人確認書類の提示または写しの提出が不要です。

マイナンバーカードをお持ちでない方は、番号確認書類(ご本人のマイナンバーを確認できる書類)と身元確認書類(記載したマイナンバーの持ち主であることを確認できる書類)が必要です。

【番号確認書類の例】

  • 通知カード
  • 住民票の写しまたは住民票記載事項証明書(マイナンバーの記載があるものに限ります) など

【身元確認書類の例】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 公的医療保険の被保険者証
  • 身体障害者手帳 など
     

※注意事項:扶養控除および専従者控除の申告をされる場合は、扶養親族や専従者給与支給対象の方のマイナンバー(個人番号)を記載していただくことになりますので、申告をされる方が対象者のマイナンバー(個人番号)を事前に確認してきてください。

本人確認書類

ご確認ください!

注意点と特に質問が多い点を例示します。

【給与所得者】

Q、給与を1か所から支給されていますが、確定申告をする必要がありますか?

A、年末調整が済まれていれば申告する必要はありません。ただし、年末調整後、控除(扶養や医療費など)を追加し所得税の還付申告をされる人は申告が必要となります。

 

Q、給与収入以外に個人年金を受け取っていますが、確定申告をする必要がありますか?

A、給与収入が1か所で年末調整済の場合、給与以外の所得が20万円以下であれば確定申告の必要はありません。しかし、市県民税申告は必要ですのでご注意ください。

【公的年金所得者】

Q、400万円以下の公的年金収入のみですが、確定申告は必要ですか?

A、公的年金収入のみであれば申告する必要はありません。ただし、控除(扶養や医療費など)を追加される人や所得税の還付申告をされる人は申告が必要となります。

【営業・農業所得者等】

Q、事業用資産を修繕したのですが、全額修繕費として計上していいですか?

A、 支出額が60万円未満またはその資産の前年末取得価格の10%以下で、現状回復(前の状態に戻す)の場合は修繕費として、資産の価値を高めるものであれば、減価償却費に計上してください。

【扶養控除・専従者給与の重複】

Q、専従者給与受給者を扶養控除対象とすることができますか?

A、 専従者給与を受給している人を扶養控除対象者とすることはできません。(その逆も同じです。扶養控除対象者を専従者給与受給者とすることはできません)

【その他】

Q、収入がない人も申告する必要がありますか?

A、収入がない方、非課税収入(障害年金、遺族年金等)のみの人は確定申告の必要はありませんが、市県民税申告で収入がないことの申告が必要です。申告されない場合、所得証明書等の証明書の発行ができない場合や、国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の算定や軽減判定ができない場合などがあります。

 

ご注意ください!

  1. 扶養は、重複していませんか?(扶養する人、される人の確認をお願いします)
  2. 医療費の明細書は、記載されていますか?
  3. 営業・農業所得者などの場合、収支内訳書は記載されていますか?

 

申告は、正しく、お早めに⇒申告期限は、3月16日(月曜日)です!

 

 

問い合わせ

小城市役所 税務課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6103 ファックス番号:0952-37-6161
メール:zeimu@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

アンケートご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

閉じる