文字サイズ変更

不安なく楽しい育児のために 〜児童虐待の防止〜

更新日:2015年 04月 20日

あなたの子育てみんなで応援します。ひとりで悩まないで!

イライラして子どもにあたって不安になっている方、子育てには不安がつきものです。

子育て中の誰もがそんな気持ちになったことがあるはずです。ひとりで悩まず、あなたの子育てに対する負担感や不安感を、まず誰かに話してみませんか。

 

児童虐待って?

児童虐待とは、保護者が子どもの心身を傷つけたり、健やかな成長・発達を損なう行為を言います。

心身に深い傷を負わせたり、人格形成に大きな影響を与えるとともに、時には生命を脅かすこともあります。

 

これも児童虐待にあたります

  • 保護者以外の同居人による虐待を放置すること。
  • 子どもの目の前でドメスティックバイオレンス(配偶者への暴力)を行うこと。

 

もしや虐待では・・と思ったら、迷わず連絡を

児童虐待は、家庭という密室で起きるため、虐待を見つけることは大変困難です。

いつも叫び声や悲鳴が聞こえる、顔や体にあざがある、身体や洋服がいつも汚れている、子どもを残してよく外出する・・・こうした兆候を見つけたり、気づいたりしたときは、児童相談所や福祉事務所に相談(通告)しましょう。

※ 相談・通告に関する誤報には罰則はありません。相談者のプライバシーは、守られます。

【相談・連絡先】

  • 小城市役所 社会福祉課 電話:0952-37-6107
  • 中央児童相談所(佐賀市天祐一丁目8-5) 電話:0952-26-1212

 

 

問い合わせ

小城市役所 社会福祉課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6107 ファックス番号:0952-37-6162
メール:fukushi@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内