文字サイズ変更

小城市発注工事における現場代理人の取扱いについて

更新日:2016年 04月 05日

小城市では、緊急経済対策により発注量の増加が見込まれることに伴い、小城市建設工事請負契約約款第10条に規定する現場代理人について一定の条件を満たす場合は、他の工事の現場代理人との兼任を認め、その適用期限を平成28年3月31日までに公告を行う工事等としていましたが、通信手段の発達により、工事現場から離れていても発注者と直ちに連絡をとることが容易になっていることや、担い手の確保が困難な建設業者の施工体制の合理化にも配慮するため、以下のとおり現場代理人の取扱いについて改正することとしましたので、お知らせします。

 

兼任できる工事等の件数及び合計金額(当初契約金額) ※現行のまま

兼任できる工事等は最大で5件まで、合計請負金額(消費税込み)は5,000万円未満とする。ただし、次の工事を含まないこと。

 ア 現場代理人が主任技術者を兼任する工事で主任技術者の専任を要するもの

 イ 現場代理人が監理技術者を兼任する工事

 

適用対象工事等

改正前:平成27年3月12日から平成28年3月31日までに公告を行う工事等

改正後:既に配置された同一現場代理人の工事案件を含み、平成28年4月1日以降に公告を行う工事等

 

 

 

問い合わせ

小城市役所 財政課 (西館2階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6117 ファックス番号:0952-37-6163
メール:zaisei@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内