文字サイズ

背景色

住民票に関する証明書

更新日:2020年3月 4日

 

請求できる人

  • 住民票、住民票記載事項証明の場合:本人、本人と同一世帯の人
  • 住民票除票の場合:本人、権利・義務が発生している人(相続人など)

※上記以外の人が請求される場合は委任状が必要です。

 

発行窓口

  • 市民課(西館1階)および各出張所市民課窓口

 

申請に必要なもの

本人の場合

  • 本人確認できる書類

代理人の場合

  • 代理人の本人確認できる書類
  • 依頼した人の署名と印鑑を押印された委任状【PDF:107KB】
    ※「個人番号」、「住民票コード」記載の住民票は、本人の住所地宛(転送不可)に郵送します。(切手代は、本人負担です)

権利・義務が発生している人の場合

  • 本人確認できる書類
  • 権利・義務が発生していることや請求理由がわかる書類

 

本人確認ができる書類

A、Bのどちらかの提示が必要です。

A

国または地方公共団体が発行した顔写真付きの身分証明書
(いずれか1点)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 顔写真付きの住民基本台帳カード など

B

顔写真無しの本人確認できる書類

(右の中から2点)

  • 健康保険証
  • 介護保険証
  • 年金手帳
  • 年金証書
  • 顔写真無しの住民基本台帳カード など

 

手数料

各種証明書 手数料
住民票写し(広域交付住民票、住民票除票を含む) 1通 300円
住民票記載事項証明 1通 300円

 

注意点

  • 法務局での相続手続きで住民票除票が必要な場合、相続人の確認をします。他市区町村へ電話照会を行う場合があります。
  • 住民票除票は、同一世帯であったことを理由とする交付はできません。
  • 亡くなられた人のマイナンバー(個人番号)はいかなる理由でも記載できません。

 

問い合わせ

小城市役所 市民課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6100 ファックス番号:0952-37-6160
メール:shimin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

アンケートご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

閉じる