文字サイズ

背景色

国民年金について

更新日:2020年3月 4日

国民年金制度は、老後だけでなく万が一の障がいや死亡の際に、所得保障を行い国民生活の安定を図るものです。また、この制度はすべての国民を対象とし、現役世代が高齢者世代を支えるいわゆる「世代間扶養」の仕組みにより国民全体が助け合う制度です。

 

第1号被保険者

自営業・農林漁業者・アルバイト・フリ−タ−・学生や会社員、公務員などの配偶者に扶養されていない方で、20歳以上60歳未満の方

加入の手続き先

小城市役所 国保年金課

保険料の納め方

日本年金機構(年金事務所)から送付される納付書で、金融機関、農協、郵便局、コンビニエンスストア等で納めます。また、指定した金融機関や郵便局から口座振替で納めることもできます。

 

第2号被保険者

厚生年金・共済組合に加入している会社員・公務員等の方(原則65歳未満の方)

加入の手続き先

勤務先

保険料の納め方

厚生年金や共済組合などの保険料は事業所を通じて納めます。国民年金保険料は、厚生年金・共済組合の保険料に含まれています。

 

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者

加入の手続き先

配偶者の勤務先

個人で納める必要はありません。国民年金保険料は、配偶者の加入している年金制度が負担します。

 

任意加入制度について

60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合などで年金額の増額を希望するときは、60歳以降でも国民年金に任意加入をすることができます。(厚生年金保険、共済組合等加入者を除く)
ただし、申出のあった月からの加入となり、遡って加入することはできません。

任意加入をする条件

次の1から4までのすべての条件を満たす方が任意加入をすることができます。

  1. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
  2. 老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方
  3. 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方
  4. 厚生年金保険、共済組合等に加入していない方

※年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の方も加入できます。
※外国に居住する日本人で、20歳以上65歳未満の方も加入できます。
※1.の60歳以上65歳未満の方は、60歳の誕生日の前日より任意加入の手続きをすることができます。

 

 

問い合わせ

小城市役所 国保年金課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6101 ファックス番号:0952-37-6160
メール:kokuhonenkin@city.ogi.lg.jp

 佐賀年金事務所(外部リンク)
 〒849-8503 佐賀県佐賀市八丁畷町1-32
 電話番号:0952-31-4191 ファックス番号:0952-31-0949

 

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

アンケートご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

閉じる