文字サイズ

背景色

国民年金の届出・手続き

更新日:2020年3月 4日

〜ライフスタイルが変わったら必ず届出をしましょう〜

 

就職・退職・結婚など人生の節目には、そのつど国民年金の届出が必要です。届出が遅れると、将来年金が受けられなくなる場合がありますので、忘れずに手続きをしてください。届出の際、年金手帳のほかに添付書類が必要な場合があります。事前に小城市役所国保年金課または佐賀年金事務所にご確認ください。また、届出の内容により、届出先が異なりますのでご注意ください。

 

年金受給者の届出が必要な場合

住所を変更したとき、年金の受取口座を変更するとき、年金受給者が死亡したとき、年金証書をなくしたときなどは届出が必要です。届出先は、小城市役所 国保年金課または佐賀年金事務所です。

 

国民年金(第1号被保険者)に加入するとき

次のどれかに当てはまるときは、届出が必要です。届出先は、小城市役所国保年金課です。

  • 20歳になったとき
  • 20歳以上60歳未満の人が日本国内に住民登録をすることになったとき
  • 退職などの理由で厚生年金・共済組合などを脱退したとき
  • 配偶者の退職、離婚や収入が増えたことなど、厚生年金・共済組合などの加入者の被扶養配偶者でなくなったとき

 

国民年金(第1号被保険者)をやめるとき

次のどれかに当てはまるときは、国民年金の第1号被保険者の資格を喪失します。この場合、市役所への届出は必要ありません。

  • 会社員や公務員など、厚生年金や共済組合などに加入するとき
  • 厚生年金や共済組合などの加入者に扶養される配偶者になったとき
  • 60歳になったとき
  • 国外への転出などにより日本国内に住民登録がなくなったとき

厚生年金や共済組合に加入したときは勤務先へ、厚生年金や共済組合などの加入者に扶養される配偶者になったときは配偶者の勤務先へ届出が必要です。

 

任意加入被保険者

次の1から4までのすべての条件を満たす方が任意加入をすることができます。届出先は、小城市役所 国保年金課または佐賀年金事務所です。

  1. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
  2. 老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方
  3. 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方
  4. 厚生年金保険、共済組合等に加入していない方

※年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の方も加入できます。
※外国に居住する日本人で、20歳以上65歳未満の方も加入できます。
※1.の60歳以上65歳未満の方は、60歳の誕生日の前日より任意加入の手続きをすることができます。

 

年金手帳をなくしたとき

最初に被保険者になったときに、基礎年金番号が登録され年金手帳が交付されます。年金手帳は、日本年金機構が発行します。第1号被保険者の年金手帳の再発行の届出先は、小城市役所 国保年金課または佐賀年金事務所です。
※再発行を急がれる方は佐賀年金事務所でお手続きをお願いします。

 

 

問い合わせ

小城市役所 国保年金課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6101 ファックス番号:0952-37-6160
メール:kokuhonenkin@city.ogi.lg.jp

 佐賀年金事務所(外部リンク)
 〒849-8503 佐賀県佐賀市八丁畷町1-32
 電話番号:0952-31-4191 ファックス番号:0952-31-0949

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

アンケートご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

閉じる