文字サイズ変更

児童手当

更新日:2016年 05月 18日

出生、転入などで、新たに受給資格が生じた場合は、新規認定請求の手続きが必要です。
原則、申請された月の翌月分から認定となります。ただし、出生、転入などが月末の場合、出生日・前住所地での転出予定日の翌日から15日以内であれば、出生日・転出予定日の属する月の翌月分から手当が支給されます。もし申請が遅れた場合、申請月以前の手当をさかのぼって受け取ることはできませんのでご注意ください。

その他、第2子が生まれた、口座変更したいなどの場合も手続きが必要です。

※公務員(独立行政法人、国立大学法人、国や県から民間等に派遣されている方を除く)の方は、勤務先での手続きになります。

 

対象者

日本国内に居住する中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)の児童を養育し、次のいずれかに該当する方に支給します。

  • 父と母がともに養育している場合、生計を維持する程度の高い人
  • 父母等に養育されていない、あるいは、生計を同じくしていない児童を養育している人(養育者)
  • 未成年後見人
  • 父母が海外に居住し、その児童の面倒をみている祖父母等で、父母から指定を受けている人
  • 離婚協議中で、児童と同居している方の親(離婚協議中であることの証明書類が必要)
  • 児童福祉施設等の設置者(2か月以内の入所を除く)
  • 里親委託を受けた里親

※日本国内に住所がない場合でも、留学等の理由により外国に居住しているときは例外的に受給対象となることがあります。

 

受付場所

  • 市民課(西館1階)
  • 社会福祉課(西館1階)

 

申請に必要なもの

  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 厚生年金などの加入者は請求者本人の健康保険証、または、年金加入証明書
    ※国民年金加入者は省略可能です。
  • 請求者名義の普通預金通帳
  • 請求者と配偶者の個人番号(マイナンバー)が確認できるもの
    ※通知カード、個人番号カード、個人番号が記載された住民票の写しなどで確認できます。
  • 請求者の本人確認ができるもの
    ※運転免許証、パスポートなど

児童と別居されている場合

  • 別居している児童の個人番号(マイナンバー)が確認できるもの
    ※通知カード、個人番号カード、個人番号が記載された住民票の写しなどで確認できます。
  • 別居している児童の属する世帯全員の住民票(謄本)
    ※本籍および続柄の記載があるものが必要です。
    ※小城市内において、児童と別居されている場合は省略可能です。
  • 児童手当・特例給付 別居監護申立書(受付場所に用意しています。)

平成28年1月2日以降、小城市に転入された場合

  • 請求者と配偶者の平成28年度児童手当用所得証明書
    ※平成28年1月1日にお住まいだった市区町村で取得してください。
    ※配偶者が請求者の控除対象配偶者となっている場合は、配偶者分は省略可能です。

 

支給額

対象年齢 月額
0歳〜3歳未満(一律) 15,000円

3歳〜小学校卒業まで(第1子・第2子)

 10,000円

3歳〜小学校卒業まで(第3子以降) 15,000円
中学生(一律) 10,000円
特例給付(所得制限に該当する方)(一律) 5,000円

※高校卒業(18歳到達後の最初の3月31日)までの児童のうち、年長者から第1子、第2子・・・と数えます。

 

支給時期

6月、10月、2月の15日(土曜、日曜、祝日の場合は前日)に、前月の4か月分を支給します。

支払月  支給期間
6月 2月分〜5月分
10月 6月分〜9月分
2月

10月分〜1月分

 

 

問い合わせ

小城市役所 社会福祉課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6107 ファックス番号:0952-37-6162
メール:fukushi@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内