検査室

臨床検査科

 当科の業務を大きく分けて、血液や尿などを扱う検体検査と直接患者様の身体を検査する生理検査の2つがあります。検体検査は患者様のご協力により得られた貴重な検査材料を迅速且つ正確に検査するために、日々努力を積み重ねております。

 


検査の紹介

・生化学検査

 疾患により臓器その他が障害されると、その細胞に含まれている成分が血液中に流出してきます。主にそれらの物質を測定するのが生化学検査と呼ばれるものです。検査時間は約30〜50分ですが、あくまでも目安です。煩忙時は患者様から時間をいただくこともありますのでご了承下さい。

 

・血液検査

 体中に酸素を運んでいる赤血球の数、病原体を攻撃する白血球の数や種類を調べる検査です。
検査時間は約10分です。


・HbA1c検査

 主に糖尿病の方の経過を観察するために使用します。過去1〜2ヶ月 間の血糖値を反映するHbA1cを検査します。検査時間は約10分です。 

 

・尿素呼気試験(ピロリ菌測定検査)

 ピロリ菌の検査は薬剤を服用後、息を吐くだけで痛みもなく検査ができます。検査時間は約30分です。ピロリ菌を早期に発見することにより、胃潰瘍や胃がんの予防につながります。

 

・心電図

 心臓が動く時に発生する、わずかな電流を波として捉え、その形を見る検査です。 心電図の波形から心臓の異常を見つけます。

 

・呼吸機能検査

 機械に息を吹きかけることにより、肺の大きさや働きを調べることができます。主に肺活量や努力性肺活量を測定します。


・超音波検査(エコー)

 プローブと呼ばれる超音波を発生する装置を体にあて、返ってきた音を画像として描出する検査です。様々な病気の原因を探し、診断の補助をしています。
 

 

Copyrights Ogi City Hospital, All rights reserved.