管理者挨拶

小城市病院事業管理者


田渕 和雄
(佐賀大学名誉教授)


 この度、平成25年4月から縁あって小城市民病院で病院事業管理者として働くことになりました。お受けしました職責の重さに身の引き締まる思いですが、これからも市民病院が一層発展していきますよう、もとより微力ですが鋭意努力いたしますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 既に多くの方は新聞紙上などでご存知のことと思いますが、平成25年4月1日から小城市民病院の運営のやり方が大きく変化いたしました。市民病院の運営は、これまで地方公営企業法の財務規定のみを適用する一部適用でしたが、今回、組織や職員の身分取扱い等を含むすべての規定を適用する全部適用となりました。
 これに伴い病院事業管理者を新たに置くことで、従来と比べてより柔軟で、迅速な運営が可能になりました。
ご高承のようにわが国の地方自治体が運営している公的病院の多くは、毎年の経常収支で大幅な赤字に苦しむ厳しい財政状況にありますが、小城市民病院も例外ではありません。この大変困難な状況を打開する第一歩として、病院事業管理者に運営に関する広範囲な権限を付与することによって、経営の抜本的改善(赤字の解消をはじめ様々な課題の克服)を目指すのが、今回の小城市民病院における運営形態の変更(改革)の意図するところです。
 いままでの市民病院の良いところは生かしつつ、これまで以上に市民の皆さんから信頼され、地域になくてはならない特色のある小城市民病院として着実に発展していきますよう、全職員とともに私も誠意と緊張感をもって取り組んでまいります。
これからも皆さんの暖かいご理解とご支援を心からお願い申し上げます。

Copyrights Ogi City Hospital, All rights reserved.