文字サイズ

背景色

木造住宅の耐震診断・耐震改修の支援

更新日:2021年5月12日

わが家は地震がきても大丈夫?

地震に耐えられる家かどうかを判断する「耐震診断」と、耐震基準を満たす家に改修するための「耐震改修工事」を支援しています。

※どちらも必ず事前に申請が必要です。

対象となる住宅

  1. 市内にある木造住宅
  2. 昭和56年5月31日以前に着工された住宅
  3. 柱・梁(はり)その他の主要構造部が、木の在来軸組構法または木造枠組壁構法によって造られた住宅
  4. 個人が所有し、自ら住んでいる一戸建て住宅(店舗などを兼ねるものは対象外

対象者

対象となる住宅を所有して住んでいる人、またはその家族などで耐震診断・耐震改修工事などの費用を負担する人

補助額など

耐震診断(手数料のお支払いのみ)

耐震診断は、市が委託した(一社)佐賀県建築士事務所協会から派遣される建築士が実施しますので、その手数料として5,000円(自己負担)を(一社)佐賀県建築士事務所協会にお支払いください。(追加の費用はありません。)

耐震改修工事(補助金)

耐震診断を実施し、その結果、耐震基準を満たしていない住宅の耐震改修工事をする場合に補助します。

  • 補助額:耐震改修工事費の80%(上限100万円)

申請に必要な書類

申請に必要な書類をそろえて、小城市役所定住推進課に提出してください。

耐震診断(自己負担5,000円)

  1. 申請書及び誓約書(様式ダウンロードPDF様式ダウンロードEXCEL)(記載例
  2. 付近の見取り図
  3. 住宅の建築時期がわかる書類(登記簿謄本のコピーなど)
  4. 住宅の所有者分かる書類(登記簿謄本のコピーなど)
  5. 市税等の滞納がないことがわかる書類(税務課で取得できます)
  6. 住宅の外観写真(2~3方向から)
  7. その他市長が必要と認める書類 ※必要な場合はご連絡します。

 

申請書を受理したら、診断を行う建築士を派遣する日程などを調整します。

耐震改修工事(補助上限100万円)

  1. 耐震診断の結果報告書
  2. 申請書(様式ダウンロードPDF様式ダウンロードWord
  3. 事業計画書(様式ダウンロードPDF様式ダウンロードWord
  4. 耐震改修後の耐震性能について記載された書類の写し
  5. 設計図書(配置図、平面図及び立面図)
  6. 耐震改修工事に要する費用(工事費内訳等)が確認できる書類(見積書など)
  7. 住宅の建築時期が分かる書類(登記簿謄本のコピーなど)
  8. 住宅の所有者が分かる書類(登記簿謄本のコピーなど)
  9. 誓約書(様式ダウンロードPDF様式ダウンロードWord
  10. 市税等の滞納がないことが分かる書類(税務課で取得できます。)
  11. 住宅の外観写真(2~3方向から)
  12. その他市長が必要と認める書類 ※必要な場合はご連絡します。

本年度中に、小城市の「耐震診断」を受けた方は、7、8は不要です。

また、6につきましては、市内企業から取得するよう努めてください

申請期間(受付期間)

  • 令和3年4月1日から12月17日まで ※予算額に達した時点で受付終了

問い合わせ

小城市役所 定住推進課(東館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6150 ファックス番号:0952-37-6165
メール:teijusuishin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

閉じる