文字サイズ変更

鎮國之山銅碑を天山8合目に設置しました

更新日:2014年 11月 26日

小城市出身の書家・中林梧竹は、明治31年(1898年)72歳のときに、自身が書いた書「鎮國之山」を陽刻した銅碑を富士山頂に建立しました。その後、厳しい環境と度重なる落雷によって銅碑は破損し倒れてしまっていましたが、昭和42年(1967年)、カルピスの創始者三島海雲氏によって、山頂の富士山本宮浅間大社奥宮の鳥居脇に再建されました。再建の同時期に鋳造された碑を、このたび小城市で譲り受け、中林梧竹のふるさと小城を見渡せる天山8合目に設置しました。

また、平成26年11月19日に銅碑の除幕式を開催しました。当日は天気に恵まれ、銅碑の寄贈元であるカルピス株式会社代表取締役社長であります山田藤男様をはじめとする多くの来賓のみなさんにおいでいただき、無事に執り行うことができました。

 


鎮國之山銅碑

 

鎮國之山銅碑除幕直後

山田代表取締役社長から江里口市長へ目録が手渡されました

 江里口市長から山田代表取締役社長へ感謝状が手渡されました

除幕後の記念撮影

 

 

問い合わせ

小城市役所 文化課/梧竹記念館/歴史資料館
〒845-0001 佐賀県小城市小城町158番地4(桜城館内)
電話番号:0952-73-8809/0952-71-1132(平日、土、日 8時30分〜17時15分) ファックス番号:0952-71-1145
メール:bunka@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内