文字サイズ変更

子宮頸がん予防ワクチン

更新日:2014年 07月 07日

〜子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて〜


子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日から定期予防接種として実施してますが、ワクチン接種後の副反応等の報告を受け、厚生労働省の専門部会で審議された結果、平成25年6月14日からは一時的に接種の積極的勧奨(個人通知等)を差し控えるよう勧告がありました。

 

これは、あくまでも国民に適切な情報が提供できるまでの一時的な対応で、国で早急な調査を行った上で、改めて判断することとなっています。今後、新しい情報が入り次第、広報やホームページ等でお知らせします。

 

なお、対象年齢の方でワクチン接種の有効性及びリスク等について十分理解した上で接種を希望する方は、これまで通り公費(無料)で接種を受けることができます。

 

※詳しくは下記の厚生労働省リーフレットをご確認ください。

厚生労働省リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ」(PDF:1.34MB)

 

 

子宮頸がんとは

子宮頸がんは、子宮頚部(子宮の入り口付近)にできるがんです。日本では年間約9,000人が発症し、2,700人もの人が亡くなられています。すべての年代の女性がかかる可能性があり、近年では20〜30歳代で増加傾向にあります。
子宮頸がんのほとんどはヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因となって発症することが解明されています。このウイルスは主に性交渉で感染し、女性の約8割が一度は感染するといわれています。感染しても大部分は自然に排除されますが、まれに持続的に感染することがあり、5年から10年以上を経て一部ががんの発症につながります。

 

子宮頸がん予防ワクチンとは

子宮頸がんワクチンには、サーバリックス(2価)とガーダシル(4価)の2種類があります。どちらのワクチンも高い確率で子宮頸がんの原因の約60%を占めるHPV16型・18型のウイルス感染を予防するのに効果があります。
ただし、ワクチンは完全に子宮頸がんを予防できるものではありませんので、20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。

 

対象者

小学6年生〜高校1年生の女子(標準的な接種期間:中学1年生の間)

 

接種スケジュール

※ワクチンの種類により、接種間隔が異なります。どちらのワクチンを選択するは医療機関でよく相談し、希望する方を接種してください。
接種スケジュール

※2種類のワクチンを交互に接種することはできません。必ず1回目に接種したワクチンで3回接種をしてください。
※上記の間隔で接種することで十分な効果が得られますので、スケジュール通りに受けましょう。
※接種後に注射による痛みや心因性の反応等による失神があらわれることがあります。失神による転倒を避けるため、接種後30分程度は背もたれのあるソファーに座るなどして様子を見ましょう。
 

接種場所

県内の医療機関

※小城市内で接種できる医療機関は子どもの健康カレンダーで確認してください。
※県外での接種を希望される方は、「県外での定期予防接種を希望される方へ」のページ

 

持参するもの

  • 母子健康手帳
  • 予診票

※予診票は、健康増進課または市内の医療機関にあります。

 

費用

無料


厚労省子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A(外部リンク)

 

 

 

問い合わせ

小城市役所 健康増進課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6106 ファックス番号:0952-37-6162
メール:kenkouzoushin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内