文字サイズ変更

ロタウイルスワクチン

更新日:2014年 07月 07日

ロタウイルス胃腸炎とは

ロタウイルスというウイルスが原因の胃腸炎です。乳幼児がかかりやすく、重症化しやすいため注意が必要です。症状は、高熱と2〜3日続く嘔吐や下痢が見られます。さらに、嘔吐や下痢での脱水症状やけいれん・脳症など重い症状が出ることもありますが、何度か感染することで、症状は軽くなっていきます。
このウイルスに対する特効薬はなく、治療方法も症状に対する対処しか方法はありません。

 

予防ワクチンは

甘いシロップ状の飲むワクチンです。胃腸炎の発症を予防し、発症しても軽症で済みます。
 副反応として、軽症の発熱や下痢の症状がでることがあります。

  

接種費用を助成します

 ワクチンの種類により接種回数及び助成額が異なります。

ワクチンの種類 対象年齢 接種間隔と回数 接種料金 助成額
ロタリックス
(1価ワクチン)
生後6週〜24週未満

4週間以上の間隔で

            2回

約13,000〜15,000円/回

1回5,000円を

     2回まで

ロタテック
(5価ワクチン)
生後6週〜32週未満

4週間以上の間隔で

           3回

約8,000〜10,000円/回

1回3,300円を

     3回まで

※十分な予防効果を得るため、必ず同じワクチンを既定の回数投与しましょう。
※1回目の接種はできるだけ生後12週までに受けましょう。
※接種料金は各医療機関により異なりますので、各医療機関に確認してください。
 

 市内医療機関で接種する場合

  1. 市内医療機関に予約する。
  2.  医療機関にて予診票をもらい、記入する。
  3. 接種を受け、接種料金から上記の助成額を引いた金額を医療機関窓口で支払う。

※小城市内で接種できる医療機関は子どもの健康カレンダーで確認してください。

 

 市外医療機関で接種する場合 

  1. 希望する医療機関に予約する。
  2. 医療機関にて予診票をもらい、記入する。
  3. 接種を受け、接種料金を全額支払う。
  4. 接種日から1年以内に健康増進課で払い戻しの手続きをする。

※既定の回数がすべて終了してから申請をしてください。 

払い戻しの申請時持参するもの

  • 母子健康手帳
  • 接種日、接種内容がわかる領収書
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 保護者の通帳
     

 

問い合わせ

小城市役所 健康増進課 (西館1階)
〒845-8511 佐賀県小城市三日月町長神田2312番地2
電話番号:0952-37-6106 ファックス番号:0952-37-6162
メール:kenkouzoushin@city.ogi.lg.jp
 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、Weblioへお問い合わせください。

ご質問・ご要望はコチラからお問い合わせください。

アンケート

このサイトは見やすかったですか?

      

このページの情報は役に立ちましたか?

      

※返答をご希望される場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

もどる ページトップへ

HOME

メニューのご案内